アレグラ 通販

アレグラを激安で購入するには?

花粉症の薬として人気の「アレグラ」ですが、最近は医師の処方が必要ない「第一類医薬品」になって、薬局で購入できるようになりました。
それが久光製薬から販売されている「アレグラFX」です。かなり人気の商品ですが、価格は安いとは言えません。
しかし、それより断然安い商品が通販で購入できます。

 

アレグラFXは1錠60mg、28錠タイプで価格は1980円です。
1錠あたりだと約71円です。

 

これが、オオサカ堂のアレグラだと実質的に1/4程度の価格で購入できます。

 

オオサカ堂のアレグラ(価格は日々変動します)

1錠180mg、1箱20錠で2,048円、3箱だと3,226円です。
付属のピルカッターで3等分すると、1錠あたり最低で約18円です。

比べるまでもなく、こちらのほうがコスパはいいですね。
もちろん、成分はフェキソフェナジンで同じです。

 


アレグラの詳細はこちら

 

アレグラの口コミ情報

ネット上のアレグラの口コミ情報を集めました。
(一部表現を変更している場合があります)

 

●価格は数分の1ですが、パッケージや内容に問題ありませんでした。日本での市販品と見た目も似ています。

 

●これで花粉症がずいぶんと楽です。日本で薬局で購入するより安いし成分も多いです。

 

●病院で処方されたものと同じ見た目、同じ効果でした。

 

●他の薬と違い眠くならないのでいつも助かっています。

 

●鼻炎以外のアレルギーにも効きます。

 

●注文してから1週間弱で届きました。

 

<コメント>
価格が安い、効果が同じ、という口コミが多数見られました。ただし、海外からの取り寄せなので、すぐには届かないのが難点です。花粉症のシーズンが来る前に注文しておきたいですね。

 

アレグラ(Allegra)とは

以前はテルフェナジンという抗アレルギー薬が花粉症対策として使用されていました。しかし、眠気や心臓に対する負担などの副作用が問題となっていました。そのため、その後継となる薬品が開発されました。それがアレグラです。テルフェナジンと同様の効果があり、しかも副作用を抑えられています。

 

日本では2000年から発売され、当初は医師の処方が必要な薬品でした。つまり購入するには病院に行く必要がありました。しかし、2012年に一般医薬品として久光製薬からアレグラFXが発売されました。これにより処方箋がなくても薬局で購入できるようになりました。

 

アレグラは日本以外の国でも広く販売されており、日本製品より安いので、海外個人輸入で取り寄せる人も増えています(なお、楽天市場では販売していません)。
ただし、海外医薬品なので使用は自己責任となります。副作用が心配な方が耳鼻科に行って、医師の診察を受けた上で処方してもらうことをお勧めします。


アレグラの詳細・口コミはこちら

 

花粉飛散量2015


我々にとってもつらい花粉症の季節が今年もやって来ました。
花粉の飛散は3月がピークになると予想され、関東や東海では昨年の2倍から3倍になると予測されています。

 

そこで対策の最前線を取材しました。

 

こちらの気象情報会社では花粉の飛散が本格化するのを前に、花粉の観測を始めています。
気象情報会社ウエザーニューズでは、リアルタイムの花粉情報を発信しています。
花粉対策の専門家、草田さんに今年の傾向を聞きました。

 

A.今年の花粉の飛散傾向は前年に較べてどうですか。

 

Q.今年の傾向としては全国的に昨年より多くなると予想されていますが、特に関東東海地方で去年の2倍から3倍ぐらいになるところもあり、かなり多くの飛散量となる見通しとなっています。

 

A.どのぐらいの時期からというのを教えて頂けますか。

 

Q.少しずつ飛び始めているのですが、飛散の開始は遅れてまして、2月15日頃から西日本の太平洋側から飛散開始になるのではないかと予想しています。

 

首都圏にも迫る花粉前線。
観測に使われるのがこちらの「ポールンロボ」です。
人の顔の形をしているのですが、花粉の量によって色が変わります。
この観測機は人が呼吸するのとほぼ同じ寮の空気を吸い込み花粉を計測しています。
花粉量で目が白から青・黄・赤・紫の5色に変化します。
この会社では全国1000箇所のデータを集め、ホームページ・スマホ向けアプリで公開しています。

 

花粉対策といえば、このマスクですが、正しい付け方を教えてもらいたいと思います。
マスクなどを開発販売するメーカーなどでは花粉の吸い込みを防ぐためにマスクを正しく付けることが重要だといいます。

 

ワイヤーがある方が上で、これを2つにおります。これを鼻にそうようにつけていただきます。
上下にプリーツを広げます。この時に上もきちんと開くようにして下さい。

 

A.マスクはどれぐらいの頻度で取り替えればいいんでしょうか。

 

Q.はい、1日1枚の交換をおすすめしております。

 

正しく装着した場合とそうでない場合、マスクの中に入り込む花粉の量はどれぐらい違うのでしょうか。実験してもらいました。
(3分後)
マスクを正しくつけてないと、花粉の模擬粒子が多く見られ、入り込んでいることがわかります。
正しくつけている方が、ピンク色の粒子があまり見られず、花粉の入り込みを抑えていると思われます。

 

マスクなどしっかりした対策を心がければ辛い花粉症の季節を乗り切ることができそうです。

 

yahooword
アレグラ60
アレグラドライシロップ
アレグラ 価格
アレグラ 薬 ちょびひげ通販薬局
アレグラ 薬 あご髭薬局
アレグラ 通販
アレグラ 市販薬